猫とワタシ

ねこのあしあと シャム猫日記

ご訪問ありがとうございます。このブログをまったり、ゆったり、じっくりと見ながら時間をお過ごし下さいませ。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する亀とハムスター

未分類

今日は、うちで飼っていた亀とハムスターの物語を想像しながら作りました。


ミドリガメ4匹飼っていました
新しく水を変えてもらったので気持ちよくスイースイーと泳いでいます。

kame.jpg
わーい、気持ちいいな~
誰が泳ぐの早いか競争しようぜー





ふと、一匹の亀が水槽の外を覗きました。





kame2.jpg
おいおい、みんなちょっと来てくれ。あそこに何かいるぞ

なんだなんだ



みんなで水槽の外を覗きました。



hamu.jpg
グ~、グ~ (-_-)゜zzz…    右が雄、左が雌です


ハムスターが一つの部屋で仲良く寝ていました。




雌のハムスターが目を覚まし、亀がじっーと見ていたので、
逃げて行ってしまいました。

hamu2.jpg
は、恥ずかしいわ~ (/ω\*) こんなところ見られるなんて・・・


ってな感じです。どうでしたか?

亀は去年引越しする際、知り合いの人に譲渡しました。
ハムスターは二匹ともあの世に逝ってしまいました。

皆さん、知っていましたか?
ハムスターは食べ物を ほっぺたにある頬袋(ほおぶくろ)に溜め込む習性がありますが、まれに食べ物を溜め込み過ぎた為、自分で手や足を使って袋から取り出そうとすると、頬袋(薄赤いピンク色のもの)が口からだらりと飛び出すことがあります。それを頬袋の反転と言います。

瞬時に自分で元に戻す(口の中に入れる)こともありますが、飛び出たままだと自分で袋を噛んでしまったり、
袋が乾いて固くなってしまい食べ物が食べれなくなってしまいます。
うちのハムスターの一匹がその状態になり、病院で除去手術をしましたが、あの世に逝ってしまいました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。